Wikipedia - 日本のプロ野球

日本のプロ野球(にほんのプロやきゅう)では、日本で行われるプロ野球全般について述べる。

History

以下のうち、1949年の日本野球機構(NPB)発足以降で特記のないものはNPBの事象を指す。

  • 1871年9月30日:横浜の外国人居留民とアメリカ軍艦「コロラド号」の乗員との間で、現在の横浜スタジアムを球場として日本で初となる野球の試合が行われた。
  • 1872年頃:第一番中学(現在の東京大学)の外国人教師ホーレス・ウィルソンによって、学生たちの間に野球が広まる。
  • 1907年:初の有料試合。
  • 1908年:アメリカのプロ野球チーム(マイナーリーグ主体)来日。
  • 1909年:羽田球場建設。「日本運動倶楽部」設立。
  • 1920年:「合資会社日本運動協会」設立。日本のプロ野球の始まり。次いで「天勝野球団」が設立される(プロ球団を宣言するのは、1923年)。日本運動協会は朝鮮満州にも遠征し人気を博す。
  • 1923年:関東大震災の震災被害により「日本運動協会」「天勝野球団」ともに解散。日本運動協会は阪神急行電鉄により「宝塚運動協会」として再結成。
  • 1929年:「宝塚運動協会」解散。
  • 1934年:12月26日、「大日本東京野球倶楽部(東京巨人軍、現在の読売ジャイアンツ)」が設立。
  • 1935年:「大阪野球倶楽部(大阪タイガース、現在の阪神タイガース)」が設立。
  • 1936年:「大日本野球連盟名古屋協会(名古屋軍、現在の中日ドラゴンズ)」、「東京野球協会(東京セネタース)」、「名古屋野球倶楽部(名古屋金鯱軍)」、「大阪阪急野球協会(阪急軍、現在のオリックス・バファローズ)」、「大日本野球連盟東京協会(大東京軍)」が発足。これらの球団と巨人、大阪により、2月5日、日本初のプロ野球リーグとして「日本職業野球連盟」設立。現在のようなペナントレース(公式戦)が始まり、日本における全国規模の社会人スポーツリーグ第1号となった。連盟が設立された2月5日はのちに「プロ野球の日」と定められる。2月9日、名古屋の鳴海球場で、巨人軍・金鯱軍がプロ野球初の対抗試合をおこなった。
  • 1937年:「後楽園野球倶楽部(イーグルス)」発足。
  • 1938年:「南海軍(現在の福岡ソフトバンクホークス)」発足。
  • 1939年:日本職業野球連盟が日本野球連盟に改称。
  • 1943年:「西鉄軍(上記東京セネタースと名古屋金鯱軍が1940年に合併して出来たチーム)」と「大和軍」が解散。
  • 1944年:日本野球連盟が日本野球報国会に改称。しかし、11月13日には活動休止。
    • 沢村栄治など多くのプロ野球選手も第二次世界大戦に動員され、戦死者も多数出た。ヴィクトル・スタルヒン(ロシア生まれ)が敵性人として抑留、のち追放された(戦後に復帰)。
  • 1945年
    • 1月1日:5日:正月大会が関西で開催。
  • 1945年(戦後)
    • 11月6日:日本野球連盟の復活宣言。
    • 11月23日:東西対抗戦開催。
  • 1946年
    • 「セネタース(現在の北海道日本ハムファイターズ)」と「ゴールドスター」が発足。
    • 3月27日:ペナントレース再開。
  • 1947年:日本では、2例目のプロ野球リーグ「国民野球連盟」が発足。
  • 1948年
    • この年、日本プロ野球初のフランチャイズ制度が暫定導入。
    • 2月:「国民野球連盟」が解散。
    • 8月17日:日本プロ野球初の夜間試合(ナイトゲーム)が、横浜公園平和野球場(ルー・ゲーリッグスタジアム)にて開催。カードは読売ジャイアンツ VS 中日ドラゴンズ。試合は3対2で中日の勝利。
  • 1949年11月・12月:プロ野球再編問題。日本野球連盟がセントラル・リーグパシフィック・リーグに分裂(2リーグ分立)し、日本野球機構(NPB)が誕生。「毎日オリオンズ(現在の千葉ロッテマリーンズ)」、「大洋ホエールズ(現在の横浜DeNAベイスターズ)」、「西鉄クリッパース(現在の埼玉西武ライオンズ)」、「近鉄パールス」、「広島カープ(現在の広島東洋カープ)」、「国鉄スワローズ(現在の東京ヤクルトスワローズ)」「西日本パイレーツ」が発足。
  • 1950年:各リーグ優勝チームによる選手権試合「日本選手権シリーズ」(1953年まで「日本ワールドシリーズ」と呼称、1954年から「日本シリーズ」の通称を使用)を開始。第1回日本シリーズ優勝は毎日オリオンズ。
  • 1951年
    • 1月:西日本が西鉄に吸収され消滅。NPBにおいてリーグをまたいだ吸収合併はこれが唯一である。
    • この年に第1回・オールスターゲーム開催。
  • 1952年:フランチャイズ制度が正式に導入。
  • 1953年:松竹が大洋に吸収され消滅。
  • 1954年
    • 「高橋ユニオンズ」発足。
    • 職業野球団に対して支出した広告宣伝費等の取扱いの特例税制優遇制度施行。
  • 1955年:イースタン・リーグとウエスタン・リーグが結成。
  • 1957年:高橋が大映に吸収され消滅。
  • 1958年:大映が毎日に吸収され消滅。セ・パ両リーグとも6球団ずつの合計12チームとなり、以降運営母体の交代や球団の入れ替わりがありつつも12球団制が維持されている。
  • 1959年:6月25日、初の天覧試合(後楽園球場での読売ジャイアンツ VS 大阪タイガース)。
  • 1961年:柳川事件。社会人野球協会(現:日本野球連盟〔先述の同名組織とは別〕)はプロ退団者の受け入れを拒否。
  • 1965年:第1回・プロ野球ドラフト会議(新人選手選択会議)。
  • 1969年:黒い霧事件。
  • 1973年:プロ野球再編問題。日拓ホームフライヤーズとロッテオリオンズの合併計画が起こる(後に破談)。
  • 1974年:セーブ記録の採用。
  • 1975年:パ・リーグが指名打者制導入。
  • 1978年:江川事件(いわゆる「空白の1日」)。
  • 1980年:日本プロ野球選手会が労働組合として認可。
  • 1985年:パ・リーグが予告先発導入。当初は日曜日の試合のみ。
  • 1993年:逆指名制度およびフリーエージェント制度導入。
  • 1994年:パ・リーグの予告先発を全試合で導入。
  • 1997年:プロ野球脱税事件。10選手が脱税で起訴される。
  • 1999年:柳川事件以降中止されていた、社会人野球協会のプロ退団者受け入れを再開。
  • 2004年
    • パ・リーグでプレーオフ制度導入。
    • プロ野球再編問題。大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブの合併に端を発して1リーグ移行計画にまで発展。9月18日・19日には選手会による史上初のストライキが発生した。
    • 「東北楽天ゴールデンイーグルス」発足。
  • 2005年
    • 公式戦で初のセ・パ交流戦を実施。
    • 独立リーグの四国アイランドリーグ(現:四国アイランドリーグplus)が発足。
  • 2006年:ワールド・ベースボール・クラシックで、プロ選手(日本人メジャーリーガー2名を除いて全員NPB所属選手)によって構成された日本代表チームが初優勝する。
  • 2007年
    • セ・リーグでもプレーオフ制度が導入され、両リーグともクライマックスシリーズとして開催。
    • 独立リーグの北信越ベースボール・チャレンジ・リーグ(現:ベースボール・チャレンジ・リーグ)が発足。
  • 2009年
    • 独立リーグの関西独立リーグが発足。
    • 日本初のプロと大学の選抜チーム同士による交流戦が東京ドームにて開催された。
  • 2010年:公式戦で本塁打の判定にビデオ判定を導入。
  • 2011年
    • プロ野球球団と大学野球チームの練習試合が、3月と8月に限り解禁となる。
    • 公式試合球を12球団で統一。
    • セ・パで分かれていたプロ野球審判員を統一。
    • 3月11日に発生した東日本大震災の影響を受けて、当初3月25日としていた開幕日を両リーグとも4月12日に延期(東日本大震災電力不足開幕延期問題)。また、4月2日と3日のオープン戦にチャリティーの冠をつけ慈善試合とし、2日の試合では6試合合計5万人以上の観客を集めた。
    • 野球日本代表(通称「侍ジャパン」)の常設化を決定。
  • 2012年:セ・リーグも予告先発を導入。
  • 2013年:2011年から東日本大震災による電力不足対策として行われてきた、「試合開始から3時間30分を経過して9回終了時点で同点の場合は試合終了とする」ルールを撤廃、再び時間無制限・延長12回までとする。
  • 2014年:NPB80周年ベストナインが発表され、投手:別所毅彦、捕手:野村克也、一塁手:王貞治、二塁手:千葉茂と高木守道、三塁手:長嶋茂雄、遊撃手:吉田義男、外野手:張本勲と山内一弘と山本浩二と福本豊が選出された。
  • 2015年:野球賭博問題。当該球団のほか複数の球団においても金銭の授受が発覚した。
  • 2016年:コリジョンルールの採用、ビデオ判定の運用範囲拡大(本塁クロスプレー)。
  • 2017年:併殺崩しを規制するルールを追加。
  • 2018年:ビデオ判定に『リクエスト』制度を導入。行使は監督のみで1試合で最大2回まで(延長戦では10回表以降で1回のみ)可能だが、要求によって判定が翻った場合は回数は減らない。検証時間は5分以内とする。
  • 2020年:世界的に新型コロナウイルスが感染拡大する中、Jリーグと合同で対策連絡会議を設置。同会議での専門家チームからの勧告を受けてレギュラーシーズンの開幕を延期した。当初3月20日開幕の予定を最終的に約3か月遅れの6月19日まで延期し、感染リスクを避けるため当面の間は無観客試合での開催とすることを決定した。交流戦、オールスター戦は中止となり、試合数は当初予定していた143から120に削減した。またオープン戦も2月29日以降の全試合を無観客試合として開催した。さらに、クライマックスシリーズについてセ・リーグは中止、パ・リーグは2球団に規模を縮小した。
    • 7月10日:この日から人数制限はあるものの観客を入れて試合を実施した。なお、初日の7月10日に行われた5試合(1試合は雨天中止)の内、3試合がサヨナラ本塁打で勝負が決まる(史上3度目)という劇的な戦いとなった。
  • 2021年:新型コロナウイルス感染拡大により、今シーズンに限り全試合延長戦なし(9回打ち切り)。
    • 2020年東京オリンピックの1年延期に伴い、準備や競技を開催する球場を使用できなくなったため、変則日程が組まれた。横浜スタジアムで野球、札幌ドームでサッカーを開催し、神宮球場は資材置き場となる。ヤクルト・DeNAが他球団本拠地の東京ドーム・神宮球場で主催試合を設定し、日本ハムが地方開催を集中的に設定した。