ウィンブルドン

Links
Website Wikipedia (ja)

スケジュール

DateRHome vs Away-
07/08 12:30 28 ノバク・ジョコビッチ vs キャメロン・ノリー View
07/08 12:30 28 ニック・キリオス vs ラファエル・ナダル View

Teams

マリン・チリッチ リシャール・ガスケ ジョー アドリアン・マンナリオ セルジー・スタホフスキー ロビン・ハーセ メイヤー,レオナルド アルベルト・ラモス=ビノラス グイド・ペッラ ジェームズ・ダックワース エドマンド、カイル ルカシュ・ラツコ セバスチャン・オフナー ジョーダン・トンプソン アンドレイ クズネツォフ ボティク ボティク・ファン・デ・ザンスフルプ Youzhny, Mikhail マクシミリアン ・マーテラー エリアス イマー ミカエル・イマー アレックス・モルカン Benneteau, Julien ランクマー・ラマナサン フィリップ・クラジノビッチ ダニエル・エラヒ ガラン ビョルン フラタンジェロ クリザン,マルティン ライアン・ハリソン トマズ・ベルッチ ジャンルーカ・マーゲル アンドレア ヴァヴァッソリ ガスタオ・エリアス ドゥトラ・シルバ,ロヘリオ ダニエル 太郎 ダルシス,スティーヴ グイド・アンドレオッツィ ペドロ・カシャン エルネスト・エスコベド ユーリ・ロディオノフ フェデリコ・コリア ケニー・デ・シェッパー フアン・イグナシオ・ロンデロ ステファノ・ナポリターノ アンドレア コラリーニ ロマン・サフィウリン リカルド・ボナディオ フアン・パブロ・フィコビッチ ニノ・セルダルシック ダニーロ ペトロヴィッチ アルゲージョ,ファクンド

ウィンブルドン選手権(ウィンブルドンせんしゅけん、英語: The Championships, Wimbledon)は、イギリス・ロンドンのウィンブルドン(Wimbledon)で開催されるテニスの4大国際大会の一つである。

History

第1回大会は、センターコートに置いてあった芝生の手入れ用のローラー (en) が老朽化したため新しくする資金集めを目的に、1877年7月9日から始まった。種目は男子シングルスのみで、21人のアマチュア選手が出場した。このときに、コートの広さや得点方法など、さまざまなルールが決められた。初チャンピオンとなったスペンサー・ゴアには25ギニーのトロフィーが贈られた。

1884年に女子シングルスと、それまでオックスフォードで開催されていた全英男子ダブルスがウィンブルドンで開催されるようになった。1913年には、女子ダブルスと混合ダブルスが加えられ、1968年にはプロ選手の参加が認められた。

2009年にはセンターコートに引き込み式屋根 (retractable roof) が設置され、同年6月29日、ディナラ・サフィナ対アメリ・モレスモの試合において初めて使用された。屋根は午後4時39分より動き始め、4時46分までには完全に閉じられた。午後5時19分、屋根が閉じた後初めてのプレーがモレスモのサーブにより開始された。

2015年より、それまで2週間だった全仏オープンとの間隔が、初めて3週間に引き伸ばされて開催されることとなった[]

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により中止された。大会中止は、第2次世界大戦後初のことだった。同年7月10日、オールイングランド・ローンテニス・クラブ(AELTC)は男子シングルスのシードについて、2021年から世界ランキングのみを基準にすると発表した。

2022年4月、大会を主催するAELTCは、ロシアによるウクライナ侵攻が勃発したことを受け、侵攻当事国のロシアと同国を支援するベラルーシの両国選手についてエントリーを拒否し、大会から除外することを発表した。これにより、当時の世界ランキング男子2位のダニール・メドベージェフ、同8位のアンドレイ・ルブレフ、女子4位のアリーナ・サバレンカなどが出場不可能となった。AELTCは両国選手の出場について、4月に入って英政府に相談していたという。英スポーツ省は、AELTCの決定を「断固とした行動」だとして歓迎した。

しかし、各団体や選手から非難の声が上がった。男子のツアーを統括するATPと女子のツアーを統括するWTAは、決定を「国籍に基づく差別」「合意違反に当たる」として批判した。男子1位のノバク・ジョコビッチは、AELTCの「狂った」決定を支持しないと発言。彼の設立した選手会(PTPA)も差別はしないとした。女子の元選手であるビリー・ジーン・キングとマルチナ・ナブラチロワも反対した。侵攻されているウクライナの女子選手エリナ・スビトリナも「出場禁止は望んでいないこと」とコメントしたが、同時に政治的踏み絵をさせるべきとした。排除対象となるロシア選手のうち、男子8位のアンドレイ・ルブレフは「完全な差別だ」と非難し、賞金寄付等の別の道を提言した。ダリア・カサトキナは「残念」「大会よりも人の命のほうが断然大事」と発言した。

5月20日、ATPおよびWTAは声明を発表し、ウィンブルドン選手権について「公平性を欠く」「あしき前例となる」と指摘し、世界ランキングのポイントを付与しないことを明らかにした。ITFも、車いす部門およびジュニア部門にポイントを付与しないとした。主催者は「とても残念でならない」との声明を出し、英政府が出した指針の影響が強かったと強調した。